ボワールリフティング神戸 Salon de CHiCA

文化財

江戸時代には宿場町として繁栄してきた蕨市。それだけにその歴史を現在に伝える史跡や文化財も多数あります。文化財を見て歩くだけでも蕨市の魅力をうかがい知ることができるでしょう。

 

蕨市の文化財としてはまず県指定の文化財となっている蕨城跡があります。これは南北朝時代足利一門として活躍した渋川氏によって建てられたもので、戦国時代初期、後北条家の2代目、北条氏綱によって破壊されました。堀の跡が残されているのみですが、中世に遡る蕨市の歴史を伝える貴重な文化財となっています。

 

多くの住民から親しまれている文化財では市の指定文化財、「子育地蔵」があります。1694年に建立された石造で、三學院の地蔵堂に安置されています。古くから子育はもちろん、火よけ、開運に霊験ありとして多くの人たちから信仰を集めています。また、毎月4の日が縁日となっているほか毎年8月には「火伏・子育地蔵尊縁日」が開催され、境内では出店やアトラクション、写経・卒塔婆の焚き上げなどが行われています。

 

それから渋川公の墓。これは永禄年間(1558〜1570)に戦死した渋川公を悼んで作られた碑で、1816年に渋川氏の子孫によって建立されました。他には長泉院にある梵鐘。1758年に鋳造されたもので、江戸時代を代表する名鐘との評価を得ています。お寺の愛称にちなんで「おしゃみの鐘」とも呼ばれています。あとは宿場町としての歴史を今に伝える「蕨本陣跡」。現在では跡が残るのみですが、江戸時代に名だたる大名が滞在した蕨宿の歴史を伝える重要な文化財です。


風俗埼玉デリヘルスタイル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/